AIS RECRUIT 2017

1年目座談会1年目座談会

入社1年目のフレッシュな若手社員を集め、AISで過ごしたリアルな体験談や、会社や仕事に対する考えを語ってもらいました。彼らが何を思って入社し、そして何を学んできたのか、その一部始終をご覧ください。

座談会メンバー

座談会メンバー
小室 俊貴小室 俊貴
菅 大地菅 大地
宮田 匡大宮田 匡大
山﨑 理歌山﨑 理歌
菊地 一樹菊地 一樹

研修期間について研修期間について

菊地 情報系の企業ということもあって、最初は時間に厳しく作業も大変だと思っていたんだ。けど実際には先輩方が常に見守っていてくれるし、安心して業務に取り組める環境があるよね。

宮田 それ、すごくわかる。自分の意志とか関係なしに派遣させられるのかなという不安もあったけど、本人のやりたいことや適正を考えてくれるし、配属後もAISの人が悩みを聞いてくれたりアドバイスをくれたり、手厚く指導してもらえたのが嬉しかったな。

 僕は「自分のやりたいことができる」という評判を聞いて、半信半疑ながら入社を決意したんだよね。自分の意志を伝えれば真摯に対応してくれるし、改めて良い会社だなって実感したよ。

小室 真面目で固い人が多いのかなと思っていたけど、意外と皆さん気さくだったり優しかったり面白かったり、人間的な魅力にも溢れているよね。一人一人に目が行き届いていて、良い所や長所が見えやすいのかも。

山﨑 私も小室さんと一緒で、黙々と作業するイメージがあったんだよね。実際には和 気あいあいとした雰囲気の中で仕事ができるし、冗談を言ったり笑い声が上がったり、 何より自分らしく働けるっていうのがAIS を選んで良かったと思える大きなポイント かも。

大久保 尚紀大久保 尚紀大久保 尚紀

AISでの人間関係についAISでの人間関係について

小室 最近は自分からコミュニケーションを取ることを大事にしているよ。こちらから歩み寄らないと課題の共有も出来ないし、ちゃんと伝えようとすれば先輩方も真剣に話を聞いてくれるしね。

山﨑 先輩も自分の仕事がある中で、質問をしっかり受け付けてくれるんだよね。私たちが変に遠慮とかしないように、質問したい時に質問させてくれる環境を作ってくれていることは、本当にありがたいと感じるな。

宮田 僕はお酒の席を上手く活用しているよ。業務で話しきれないことやプライベートなことまで話せるから貴重な時間が過ごせるし、酔いの勢いで本音をぶつけるのも時には大事だと思うよ。

 お客様とご一緒する機会もあるから、失礼は働けないかな。でも一度だけ酔いつぶれてしまった時に、先輩や得意先の方に優しくしてもらったことは今でも感謝しかありません…。これは失敗談ではあるのだけど、仕事の関係としてだけでなく、等身大の自分と付き合ってもらっている嬉しさはあるよね。

菊地 みんな色んなコミュニケーションの取り方があるんだね。いずれにしても、僕たちは先輩やお客様を始め、色んな人に支えられた からこそ、有意義な1 年間を過ごしてこれたんだなと実感しているよ。

大久保 尚紀

1年間で、自分が最も成長した部分について1年間で、自分が最も成長した部分について

大久保 尚紀

大久保 尚紀

 さっきも少し話したけど、コミュニケーション力は高くなったかな。AISのスタッフだけでなく、お客様にも良くしてもらえて、自分から人と積極的に関わっていきたいという仕事への姿勢が作れたと思う。

小室 僕も大学時代は、人の目を見て会話するのも苦手だった。でも入社してからは、採用担当の方や同期のみんなとコミュニケーションを取って、配属先でも周りがぐいぐい話しかけてくれて、自然と話せるようになっていたよ。

菊地 疑問点を自分から聞き出せるようになったのも、成長だよね。わからない事を聞くのって躊躇するけど、そのまま何もしない方が周りに迷惑が掛かるんだよね。自分の現状や情報をアウトプットするのって恥ずかしいかもだけど、仕事をする上ですごく大切な事だって気づけたよ。

宮田 僕は仕事に対する責任感かな。学生の頃は自分のことだけで精一杯だったけど、今は「AISを背負っている」という自覚が芽生えて、メール1本送るのにも細心の注意と配慮ができるよう気をつけているよ。

山﨑 仕事って何をするにも1人で完結するものはないからね。自分の行動が、周りに良くも悪くも影響を与えちゃう。だから私は、仕事に優先順位をつけて先を見据えた行動をできるようになったことが、一番の成長かな。

菊地 スケジュール管理は社会人の基本だからね。

小室 学生時代は失敗してなんぼ、みたいな所があったけど、今はきっちり仕事をこなすために、自分に出来る最大限の努力をしていかないとだね。

大久保 尚紀

どんな先輩社員になりたいかについてどんな先輩社員になりたいかについて

大久保 尚紀

山﨑 自分の業務がどんなに忙しくても、後輩からの質問に丁寧に答えられる先輩になりたい。今の先輩方が私たちに実践してきてくれたことだから、自分もその姿勢と意志を受け継いでいきたいって思っているよ。

菊地 後輩がミスをした時に、頼りにしてもらえる先輩になりたいな。実力的にも人柄的にも、この人にだったら頼っても大丈夫と思われるような、懐が深く親しまれやすい人間が僕の目指す先輩像だよ。

小室 僕の今の先輩は、色んな仕事に挑戦させてくれるんだ。大変ではあるのだけど、チャレンジの機会がいただけるのって本当にありがたい。だから自分も、後輩が成長できるような仕事の振り方、フォローの仕方ができたらなと思う。

宮田 それ、すごく共感できるな。助けることも大事だけど、成長のきっかけを作ってあげたいと僕も思うよ。後輩への手助けが出来るよう自分のスキルも磨きながら、一緒に成長できる先輩として側にいてあげたいな。

 僕はもっとフレンドリーに、どんな事でも話せる友達のような先輩を目指したい。良い意味で先輩や上司という立場を感じさせない、歩み寄りやすい存在として接してもらえたら嬉しいな。