AIS RECRUIT 2017

失敗を恐れず何事にも前向きに取り組む姿勢を、私たちは歓迎します。失敗を恐れず何事にも前向きに取り組む姿勢を、私たちは歓迎します。

仕事内容について聞かせてください。仕事内容について
聞かせてください。

IT ベンダー企業のクラウドサービス運用・保守・管理の業務に携わっています。現在は約30名のチームの統括リーダーを担当しており、メンバーの業務管理だけでなく、お客様とのパートナーシップを築くことも大切な仕事です。最近はクラウドに関連した新しい技術が進んでいて、若い人材が非常に興味を持って仕事に取り組んでくれています。次世代のリーダーとなる人材を後押しすることもまた、自分の重要な役割です。

1日のスケジュールを教えてください。1日のスケジュールを
教えてください。

チームリーダーとして部下の動きを把握しながら、業務をスムーズに進めるためにメンバーを統率しています。課題管理では現在抱えている仕事を理解し、目標にたどり着くまでの手段を考えます。手順書レビューでは部下の業務報告を受け、その仕事をそのまま進めていいかなどの判断を行います。報告会では1日の仕上げとして業務の進捗や課題点の洗い出しなどを行い、翌日以降の仕事を円滑に進めるための準備をします。

1日の主なスケジュール

写真

仕事のマネジメントの仕方を教えてください。仕事のマネジメントの仕方を
教えてください。

マネジメントする立場として、人とチームを上手く活かす必要があると考えています。メンバーには仕事の目的と動機付け、自分の役割を認識してもらい、目的に合わせた仕事ができるよう配慮しています。これは全員のモチベーションを保つためにも、必要不可欠なステップです。また次のリーダーを育成するために、サブリーダーにマネジメント能力を強化してほしいと考え、運用の仕組み作りや目標設定をしてもらいながら、月に一度振り返りをして評価しています。自分のコピーを作るのではなく、個性や特性を活かした人材を育成できるよう心がけています。

仕事が大変だと思うのはどんな時ですか。仕事が大変だと思うのは
どんな時ですか。

運用は地味な業務と思われがちですが、ルーチンワークばかりではなく、システムを健全に稼動させるため日々見直しや改善が必要になる大変な仕事です。特にクラウドは何千、何万というお客様が利用しているサービスなので、少しのトラブルも許されないシビアな環境です。またシステム変更が発生する際は、厳しい審査をクリアしなければならないためかなり大変です。しかしそういった運用環境が、安全な稼動を可能にし、なおかつメンバーのスキル向上につながっていると思っています。

写真

仕事でのトラブルをどのように乗り越えますか。仕事でのトラブルを
どのように乗り越えますか。

安全に運用していても突発的なシステムトラブルは発生します。そういう場合に備えチーム内でトラブルに備えたトレーニングをしています。避難訓練と同じように誰がどの役割を担当するかを事前に決めておくことで、メンバーが自主的に、主体性を持って問題に取り組めるようにしておきます。いかに準備しておくかにより迅速なトラブル対応ができるかが決まるため、メンバー全員が真剣に取り組んでいます。

現在までのキャリアパスを教えてください。現在までのキャリアパスを
教えてください。

AISでは配属先ごとに担当する仕事や必要となるスキルも変わりますが、私の場合は20代の頃はネットワーク保守、サーバー構築、基幹システムの運用を担当してきました。30代から基幹システムの運用リーダーを担当するようになり、30代後半からはマネジメント業務をメインに、運用設計や仕組み作り、リーダーの育成を中心に業務を行っています。

部下とのコミュニケーションの取り方を教えてください。部下とのコミュニケーションの
取り方を教えてください。

部下が難しい問題に直面した時には、一人で悩む時間を極力なくせるよう心がけています。すぐにメンバーを集め打合せの場を設け、リラックスした状況で話し合いができるよう場を整え、課題に向けて効率的な動きで取り組めるよう指示を出します。打合せというよりは、雑談も含めた「対話」の時間でしょうか。余計な不安を生まないように、どんな時でも上からモノを言うような態度は取らないよう気をつけています。

新人の頃の心構えを教えてください新人の頃の心構えを
教えてください。

新人の頃はAISの創業の精神にもある「謙虚さ」を心がけてきました。それぞれがやりたいこともあるとは思いますが、まずは与えられた仕事をしっかり出来るようにする。そしてその成果にやりがいを感じてほしいと思います。自分ができるかできないかは関係なく、何事も全力で取り組むことが重要です。その結果学ぶことも多く、これまでに経験したことが自分の大きな成長につながったと思っています。

最後に就活生に向けてメッセージをお願いします。最後に就活生に向けて
メッセージをお願いします。

AIS に入社しましたら、まずは何にでも興味を持ち、周りに遠慮はせず、先輩社員からどんどん学び取ってください。先輩社員たちは学ぶことに積極的な姿勢の新入社員が大好きです。特に自分の専門知識を聞いてもらえたら喜んで教えるでしょうし、むしろ教えたがっている人が多いですね。失敗を恐れず何事にでも取り組む姿勢で、頑張ってほしいと思います。

最後に就活生に向けてメッセージをお願いします

Other Person