AIS RECRUIT 2017

スタートは皆が同じ場所。「自分がどうなりたいか」将来の姿をイメージしてください。スタートは皆が同じ場所。「自分がどうなりたいか」将来の姿をイメージしてください。

仕事内容について聞かせてください。仕事内容について
聞かせてください。

自動車部品の設計データを管理するシステムのヘルプデスクをしています。簡単に言うと、システムを使うユーザーの疑問点や困りごとに対応するのが私の仕事です。システムについての知識も勿論必要ですが、ユーザーの求めることを聞き出す力、操作方法などをわかり易く伝える力も大切になってくる仕事です。

1日のスケジュールを教えてください。1日のスケジュールを
教えてください。

基本は1日を通して電話やメールでユーザーサポートを行っています。サポート以外の時間には、ユーザー向けのシステム操作教育の実施や、よくある質問とその回答に関する資料の作成などを行っています。電話が鳴ればユーザー対応に移る必要があるため、他のサポーターメンバーと協力して調整しながら、自分のやるべき事を進めていきます。

1日の主なスケジュール

写真

学生時代に頑張ったこと、力を入れたことは何ですか。学生時代に頑張ったこと、
力を入れたことは何ですか。

好きだった映画を通して、自分と違う世代の方との交流に力を入れていました。地域映画の撮影に学生スタッフとして参加したり、教授の紹介で学外の映画イベントに積極的に参加していました。撮影現場では出演者やスタッフなど、小学生からご年配まで幅広い年代の方とふれ合う機会を持てたことが、社会人になった今、対人関係においてとても重要なものだったと実感しています。

AISを志望したきっかけを教えてください。AISを志望したきっかけを
教えてください。

中部支社にて開催された、企業説明会に参加したのがきっかけです。元々、IT業界にも興味を持っていたこともありますが、説明会にて対応していただいた方がとても丁寧に接してくださったことが大きな決め手になりました。「自分もこんな社会人になりたい」と思う先輩がいることが、AISを志望した理由です。

写真

今後の目標を教えてください。今後の目標を教えてください。

入社3年目を迎えて、後輩ができ、誰かを教育する立場になる機会も増えていくと思います。業務と並行して教える必要があるので、自分の仕事も疎かにならないよう、視野を広く持って全体の管理ができるよう努めたいです。業務やスキルだけではなく、自分がAISに入社するきっかけになった先輩のように、1人の人間として後輩の見本になれるような社会人に成長することが今後の目標です。

最後に就活生に向けてメッセージをお願いします。最後に就活生に向けて
メッセージをお願いします。

自分の経験談になりますが、私は文系大学出身で、IT 業界とは縁遠いところから就職活動を始めました。たとえ周りより知識で劣っていても、社会人になるという点では皆スタートは同じです。「今の自分に何ができるか」より、その会社で「自分がどうなりたいか」をイメージすることができるように、説明会ではたくさんの社会人の先輩と話してみてください。自分の働く姿がイメージできれば、会社を決める大きな材料になるはずです。

最後に就活生に向けてメッセージをお願いします

Other Person